ドラッグストアに並ぶ漢方薬

 

ダイエットやメタボ解消、ぽっこりお腹をへこませたい……とお悩みの方に、最近注目されているのが「漢方薬」です。

いまCMなどでも話題で、実際に売れ行きも大変伸びています。

漢方薬の中には、薬局やドラッグストアで手に入る市販薬もあります。

漢方薬を飲んでみたいけど、病院や漢方薬の専門店に行くのはちょっとハードルが高い……という方も、仕事帰りにドラッグストアに寄って気軽に買えるならいいですよね!

 

ところで、ドラッグストアで漢方薬やダイエット商品を買う際のポイントや注意点には、どのようなものがあるのでしょうか?

このページでは、現在も実際にドラッグストアで働いている店員で医薬品登録販売者のKさんにご協力いただき、インタビューをさせていただきました。

売れ筋の商品についても教えていただいていますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

漢方薬はドラッグストアで購入することができるのですか?

 

ドラッグストア

 

はい、できます。

ドラッグストアで販売している漢方薬は第二類医薬品の商品です。

第二類医薬品以下の医薬品については、薬剤師または登録販売者が販売することになっています。

もし薬剤師が不在でも、登録販売者がいれば、漢方の購入は可能です。

現在、薬事法により、ドラッグストアには医薬品の接客のため、医薬品登録販売者が必ず勤務することになっていますので、基本的には開店している時間はどこでも購入が可能です。

(担当者が休暇・休憩中などで購入できない場合はあります。)

 

第二類医薬品とはどのようなもののことを言うのでしょうか?

ドラッグストアで扱われる商品には、医薬品(第一類医薬品、第二類医薬品、第三類医薬品)、医薬部外品、化粧品、生活雑貨、食品などの種類があります。

第二類医薬品とは、医薬品の健康被害リスク区分のうち、上から二つ目のランクにある医薬品です。

中でも、解熱鎮痛剤や風邪薬、水虫薬など、副作用のリスクが高いものを特に「指定第二類医薬品」と呼びます。

その他多くの医薬品は、第二類医薬品です。

 

医薬品の販売については、

 

  • 第一類医薬品は薬剤師
  • 第二類以下の医薬品については薬剤師または登録販売者

 

の説明が必要となります。

登録販売者とは、薬局やドラッグストアなどで一般用医薬品(かぜ薬や鎮痛剤など第二類・第三類医薬品)の販売ができる医薬品販売専門資格のことです。

たとえば近年市販薬が解禁された第一三共ヘルスケアの鎮痛薬「ロキソニン」シリーズや、胃痛薬「ガスター10」などは第一類医薬品のため、薬剤師がいない店舗では購入することができません。

ちなみに医薬部外品とは、効果が比較的緩やかであり、健康被害のリスクが少ないものを言います。

ドラッグストアの商品の中では、一部のビタミン剤、うがい薬、コンタクトレンズ用品、一部の整腸薬、虫歯予防歯磨き粉、制汗剤、薬用化粧品や女性用ナプキン、また毛染めグッズなどが含まれます。

 

ドラッグストアで漢方薬は、どんな人が、どんな理由で、どんなものを買っていくのでしょうか?

 

漢方薬を買い求める人

 

ドラッグストアにある漢方薬を買いにくるお客様は、西洋医学のお薬に限界を感じて来店される方が多いです。

なんとなく体調が悪い状態が続き、その時の症状を改善するのみの西洋薬ではなく、体質そのものから変えてゆきたいと考えたお客様が漢方薬を求めてドラッグストアにご来店されます。

また、病院にいくほどの不調ではないけれど、自分で何とかしたいと考えてご来店されるお客様も多いです。

 

例としては、

 

  • 生理痛のひどい方
  • イライラが強い方
  • 不安感が強い方
  • 体力の衰えている方
  • 健康的に体脂肪を落としたい方

 

が多いです。

 

そのような方には、どのような商品をおすすめしていますか?

性別や症状、体質、体型など人によって適する漢方は異なります。

ドラッグストアでもご相談いただければ、薬局と同じようにお客様の体質や症状をおうかがいして、合うと思われる製品をご紹介しています。

生理痛には、当帰芍薬散や中将湯、桂枝茯苓丸、加味逍遥散など。

イライラが強い方には、柴胡加竜骨牡蛎湯、抑肝散など。

不安感が強い方には半夏厚朴湯など。

体力の衰えている方には補中益気湯。

体脂肪が気になる方には防風通聖散、防已黄耆湯などをお買い上げいただくことが多いです。

 

ドラッグストアに、ダイエット関連の商品はどんなものがあるでしょうか?

 

コッコアポ

 

ドラッグストアでのダイエット商品としては、主に、

 

  • 漢方薬
  • 健康食品のダイエット用代替食(置き換えなど)
  • 食べたカロリーを吸収しにくくする健康食品

 

があげられます。

手に取りやすいパッケージで女性に人気のコッコアポシリーズはサプリメントだと思っている方も多いのですが、実は漢方薬なんですよ。

また、食事から摂取した脂肪や糖質を吸収しにくくしたり、分解しやすくしたりする特定保健用食品という分類の飲料も近年人気となっています。

 

関連記事
、私に合うのはどれ? 赤、ピンク、オレンジ、青の違いは?コッコアポについて詳しくはこちら

 

どの商品がよく売れていますか?

ドラッグストアのダイエット関連の商品で、最も手軽で人気があるのは、ファンケルの「カロリミット」シリーズです。

サプリメントタイプに加えて、近年ペットボトルのドリンクタイプも販売されています。

食事で摂取しすぎてしまったカロリーをなかったことにするという商品です。

この商品の注意点は、余分なカロリーをなかったことにはしてくれますが、それだけでやせることは少ない、という点です。

 

漢方薬でダイエットしたいと考えるお客様には、どんな人が多いですか?

ドラッグストアでダイエット漢方をお買い上げになるお客様は、圧倒的に女性のお客様が多いです。

体型的にはぽっちゃり肥満タイプ、固太りタイプが多いです。

年齢層は幅広く、10代から50代のお客様からご相談を受けることが多いです。

運動をしたけれど続かない、ついつい食べ過ぎてしまう、などの体験をお持ちの方が多いです。

 

ドラッグストアで人気のあるダイエット漢方について教えてください。

 

ドラッグストアのロート防風通聖散

 

ダイエット(脂肪を落とす)に用いられる漢方薬で特に人気が高いのは、防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)です。

ドラッグストアの店頭でも大々的に展開しているのを目にしたことがあるという方も多いのではないでしょうか?

防風通聖散はいろいろなメーカーから、違った商品名で販売されているため一見わかりにくいのですが、代表的なものには、

 

  • ナイシトール
  • コッコアポEX(赤)
  • ツムラ防風通聖散エキス顆粒
  • ロート和漢箋・防風痛聖散

 

などがあります。

名前やメーカーが異なっても、同じ防風通聖散という漢方薬であることに変わりはありませんが、1日当たりのお薬の濃度や飲む回数などが違う場合があります。

 

各社の防風通聖散(ナイシトール、コッコアポ、ツムラ防風通聖散、ロート和漢箋)について、効果や値段、売れ行きを教えてください。

 

ドラッグストアに並ぶ防風痛聖散

 

有効成分の量の比較

まずは商品に含まれる防風痛聖散の1日あたりの有効成分(生薬)の量を比較してみたいと思います。

 

小林製薬のナイシトール

小林製薬のナイシトールシリーズは、ナイシトール85a、ナイシトールG、ナイシトールZの3種類の商品があります。

それぞれ1日当たりの生薬量は、

 

  • ナイシトール85a:2,500mg
  • ナイシトールG:3,100mg
  • ナイシトールZ:5,000mg

 

となっています。

 

満量処方とは

ナイシトールZの有効成分5,000mgは、現時点で防風痛聖散に配合することができる最大量です。

漢方の世界では「満量処方(まんりょうしょほう)」と呼ばれます。

対してナイシトール85aはナイシトールZの半量の配合なので、「1/2処方」と呼ばれます。

他にも3/4処方、2/3処方などの商品もありますので、覚えておくといいでしょう。

 

クラシエのコッコアポEX

クラシエのコッコアポシリーズの中で、防風痛聖散のお薬は赤いパッケージのコッコアポEXです。

他の色のコッコアポは、また違う漢方薬です。

こちらは1日当たり3,420mgの生薬量となっています。

 

ツムラの防風痛聖散エキス顆粒

ツムラの防風痛聖散エキス顆粒は一日当たり2,250mgです。

 

ロート製薬の和漢箋・防風痛聖散

ロート製薬の和漢箋シリーズの防風痛聖散は生薬の濃度で3種類の商品があります。

有効成分の量はそれぞれ、

 

  • 新ロート防風痛聖散錠T:3,333mg
  • 新ロート防風痛聖散錠Z:3,750mg
  • 新ロート防風痛聖散錠満量:5,000mg

 

となっています。

新ロート防風痛聖散錠満量はナイシトールZ同様、有効成分5,000mgの満量処方です。

 


 

いずれも1日当たりの生薬量です。

漢方では一般的に生薬量が多いほど効果は高くなると言われていますが、副作用の可能性も高くなります。

生薬の量が多いものを買えばいいということではなく、ご自身の体質に合ったものを購入することが最も重要です。

 

各社の防風通聖散、価格を比較すると・・・

各メーカーから5日分、2週間分、28日分などさまざまな大きさの商品が販売されているため、一番大きな(割安な)商品で比較してみます。

※価格はいずれも消費税込みのものです。

 

小林製薬のナイシトール

 商品名  内容量  金額 1日あたり
ナイシトール85a 280錠 4,860円 173円
ナイシトールG 336錠 5,616円 200円
ナイシトールZ 420錠 8,100円 289円

 

クラシエのコッコアポEX錠

 商品名  内容量  金額 1日あたり
クラシエコッコアポEX錠 312錠 4,320円 166円

 

ツムラの防風痛聖散エキス顆粒

 商品名  内容量  金額 1日あたり
ツムラ防風痛聖散エキス顆粒 64包 5,940円 185円

 

ロート製薬の和漢箋・防風痛聖散

 商品名  内容量  金額 1日あたり
新ロート防風痛聖散錠T 224錠 4,082円 145円
新ロート防風痛聖散錠Z 252錠 5,162円 184円
新ロート防風痛聖散錠満量 264錠 5,724円 260円

 


 

価格はメーカーホームページの希望小売価格を参考にしています。

薬局やドラッグストア、インターネットの販売サイトによっては、もっと安い価格で販売されている場合もあります。

一口に防風痛聖散と言っても、メーカーや有効成分の配合量、生薬のクオリティ、製造数などが違うため、価格にバラツキがあります。

 

一番コスパがいい防風痛聖散はどれ?

1日当たりの金額が安い順に表にしてみました。

有効成分の量との兼ね合いで比較してみてください。

ナイシトールシリーズはCMなどで知名度は高いですが、同レベルの商品と比較すると「高い」という声が多く聞かれます。

 

 商品名  有効成分  内容量  金額 1日あたり
 新ロート防風痛聖散錠T  3,333mg  224錠  4,082円  145円
 クラシエコッコアポEX  3,420mg  312錠  4,320円  166円
 ナイシトール85a  2,500mg  280錠  4,860円  173円
 新ロート防風痛聖散錠Z  3,750mg  252錠  5,162円  184円
 ツムラ防風痛聖散エキス顆粒  2,250mg  64包  5,940円  185円
 ナイシトールG  3,100mg  336錠  5,616円  200円
 新ロート防風痛聖散錠満量  5,000mg  264錠  5,724円  260円
 ナイシトールZ  5,000mg  420錠  8,100円  289円

 

また、薬局やドラッグストアでの取扱いはありませんが、ネット購入でコスパが良いと評判なのが、アイン製薬の「生煎漢 防風通聖散(しょうかんせん・ぼうふうつうしょうさん)」です。

防風通聖散は結果が出るまでに1ヶ月以上服用し続けるものですので、定期コースがおすすめです。

有効成分4,500mgの満量処方にも関わらず、市販の満量処方の防風通聖散よりもお得な価格のため、乗り換える方も増えています。

 

満量処方の防風通聖散比較

 商品名  内容量  金額 1日あたり
生煎漢(単品) 30日分 8,424円 280円
生煎漢(定期コース・初回) 30日分 4,212円 140円
生煎漢(定期コース・2回目以降) 30日分 6,372円 212円
 新ロート防風痛聖散錠満量 28日分 5,724円 260円
 ナイシトールZ 22日分 8,100円 289円

 

関連記事
満量処方なのにコスパがいい! 生漢煎【防風通聖散】はこちら

 

ドラッグストアでよく売れている防風痛聖散はどれ?

 

ロート製薬の防風痛聖散

 

ドラッグストアでの売れ行きが良いのは、ロート製薬の和漢箋・防風痛聖散です。

パッケージが金色と黒色で、高級商品にふさわしい外観となっていること。

商品名はわかりにくいのですが、生薬配合量が大きく印字してあり、目立つ、手に取りやすいといったことも売れている一因と考えられます。

 

実際にこれからドラッグストアで防風痛聖散配合の漢方薬をお買い求めになる際は、ご自身の肥満の度合いや、コストとの兼ね合いで選ぶのが良いかと思われます。

ぴったりの商品を選ぶためにも、医薬品担当者に相談することをおすすめします。

 

関連記事
和漢箋 防風通聖散 の成分や効果について詳しくはこちら!

 

防風通聖散について、お客さんからよくある質問はどのようなものですか?

そうですね、やはり、

 

  • メーカーによって何が違うの?
  • 自分の体質にはどれが適しているの?
  • どのくらい続ければよいの?

 

などの質問が多いです。

商品のイメージの差はありますが、

 

  • 水太りでなく、脂肪の蓄積による肥満の方のみお飲みください
  • 最低でも1カ月は継続して飲んでください
  • 漢方を服薬しているからといって、食事量が増えないように気をつけてください

 

ということはお伝えしています。

 

最後に、ドラッグストアで漢方やダイエット商品を購入するお客さんに、注意点やアドバイスがあればお願いします

 

ドラッグストアは、さまざまな商品を比較的気軽に買うことができる場所です。

食品、日用雑貨については、正しく使用していれば問題ありませんが、医薬品については副作用や飲んではいけない方の条件などもあります。

「漢方は副作用がない」と誤解されているお客様もいらっしゃいますが、どんな薬にも副作用のリスクはあるものです。

特に、

 

  • 病院で処方されている薬との飲み合わせ
  • 持病を持っている方
  • 年齢制限
  • 長期的に服用し続けてはいけない医薬品

 

などもあるため、自分の判断のみで購入することは極力避けていただくのが望ましいです。

薬局・ドラッグストアの各店舗には医薬品の専門家がおりますので、遠慮なくご相談していただき、安心した上での購入、服薬をおすすめしたいと思います。

 

今回ご協力いただいたドラッグストア店員Kさんのプロフィール

お名前:Kさん
性別:女性
年代:30代
お仕事:医薬品登録販売者・ドラッグストア勤務

 

薬局・ドラッグストア

 

普段のお仕事内容について教えてください

ドラッグストアでの仕事内容は、多岐にわたります。

一般的なイメージですと、接客、レジ、商品の発注、品だしなどがメインの仕事のように見えますが、これ以外にも多くの仕事があります。

開店前の仕事としては、その日の店舗営業に支障がでないように準備することがメインとなります。

朝礼、レジのお釣りの金銭の準備、試食、試飲などの準備、また広告やポイント企画の場合にはアイキャッチ(お客様の視線を捕らえるための大きな目印など)の取り付けなどが挙げられます。

開店時間にはカギ開けをして、お客様の入店にごあいさつをします。

ドラッグストアの会社によって異なりますが、発注した商品の納品が開店前にある場合、朝の時間を利用して品出しを行う会社もあります。

開店後は、お客様の対応が優先順位の第一となります。

接客販売、レジ業務、クレーム対応、商品の場所のご案内、特注品の受付などがお客様対応です。

地域や曜日、会社の方針によって異なりますが、広告初日やポイントが特別に付与される日、また日曜日など、売上やお客様の数が多い日には、お客様対応で一日の仕事時間がほぼ埋まってしまう事もあります。

レジも混雑するので、レジの応援に多くの時間をかける日もあります。

その他の比較的フリーな時間が取れる日は、広告の発注や準備、本部指示の仕事を終わらせること、近隣店舗の同業他社の値段確認などを行っています。

 

ドラッグストアで薬剤師の方は、どんなお仕事をされているのでしょうか。

ドラッグストアでの薬剤師の仕事は、チェーンごとや店舗ごとに違います。

処方箋受付を行っている店舗では、薬剤師は主に、お客様から受け取った処方箋の調剤を行っています。対面での説明のほか、レジ打ちも行います。

処方箋受付を行っていない店舗では、医薬品の接客、販売がメインとなります。

第二類医薬品、第三類医薬品は登録販売者でも対応可能なため、薬剤師は主に第一類医薬品の接客に当たることが多いです。

第一類医薬品はドラッグストアの売上に占める構成比は低いのですが、わざわざ特定の第一類医薬品を買いにいらっしゃるお客様も多いです。

薬剤師にのみ販売可能な医薬品で最も有名な商品は、第一三共ヘルスケアの鎮痛薬「ロキソニン」シリーズや、胃痛薬「ガスター10」です。

病院での処方薬と同じ成分を処方箋なしで手軽に購入できるため、人気の高い商品です。

 

個人的な疑問ですが(笑)、ドラッグストアは、マツモトキヨシ、サンドラッグなどいろいろなチェーンがあります。値段以外に何か違いはあるのでしょうか?

チェーンによる値段以外の一番大きな違いは、店舗運営の上での接客への重要度や、ルーチンワーク(日々の決まった仕事)の量です。

特に接客やおすすめ品の販売に力を入れるかチェーンや、接客は二の次という会社もあります。

このほか、医薬品製造会社とチェーン店の協力で商品名にチェーン店の名前が入ったPB(プライベートブランド)商品があります。

原価が低く抑えられているため、これらの商品を進んで接客、販売することに重点を置いているチェーンもあります。

-なるほど、よくわかりました。本日はどうもありがとうございました。