むくんでいる女性の脚

 

  • 朝起きたら、顔がパンパンになっている
  • 朝はめた指輪が、夜になると外せない
  • ふくらはぎが冷えて象の足のように太い・・・夕方になると痛みも

 

などの症状があるなら、それは「むくみ(浮腫み)」かもしれません。

 

つらいむくみの改善には、様々な生薬が配合された漢方薬が最適です。

しかし日本ではまだまだ「むくみを漢方で治そう」と考える人が少ないのが現状です。

そこでこのページでは、むくみに効く漢方薬をご紹介していきますので、ぜひご自身の体質に合った漢方薬を見つけてみてください。

 

そもそも「むくみ」とは? 原因は?

 

むくんでいる足

 

私たちのからだの約60%は水分でできています。

体内の水分の大部分が、血管やリンパ管を通して、細胞内や脳、脊髄(せきずい)などに存在しています。

その水分は、尿や汗となって体から排出されたり、細胞や血管からしみ出たり戻ったりなどを繰り返し、水分が不足すると、脳が司令を出し、口から水分を摂取することでバランスを保っているのです。

 

その水分バランスが崩れて、余分な水分が細胞のすき間にたまってしまった状態が「むくみ」です。

また、リンパ液がスムーズに流れなかったり、静脈などの血流が詰まりぎみになっても、むくみは起こります。

 

漢方ではむくみを「水腫(すいしゅ)」と呼びます。

身体の水分が正常にいきわたらず、停滞した状態のことをいいます。

 

むくみの出やすい部位

むくみの出やすいところは、原因や症状によって違ってきます。

むくみは水がたまってできたり、血流が悪くておきたりしますから、目立つところもあれば、「え、ここが?」と思う場所にもできたりします。

 

一般的には、

 

  • 顔(まぶた、顔全体)
  • 手・指

 

のむくみに悩んでいる人が多いのではないでしょうか。

 

あなたに合うむくみ漢方はどれ? カンタン診断!

 

たくさんの漢方薬

 

漢方薬はたくさんの種類がありますが、その中で「むくみ」に効く代表的な漢方薬は4種類あります。

 

  • 防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)
  • 防己黄耆湯(ぼういおうぎとう)
  • 五苓散料(ごれいさんりょう)
  • 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

 

まずはここで、あなたの体質や症状にどの漢方薬が合っているか診断してみましょう。

むくみの原因はひとつではない場合もあります。

まずは日頃の生活習慣を思い出しながら、ご自身が以下のどのタイプに当てはまるかを考えてみてください。

 

  • 便秘がち
  • 太り気味
  • お腹周りが気になる
  • 運動不足

 

⇒ このような体質・症状には、「防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)」という漢方薬が適しています。

 

  • 汗をかきやすい
  • 太り気味
  • 関節炎がある
  • 夕方になると靴がきつくなる

 

⇒ このような体質・症状には、「防己黄耆湯(ぼういおうぎとう)」という漢方薬が適しています。

 

  • 喉がよくかわく
  • トイレの回数や尿の量が少ない
  • お酒を飲んだ次の日に顔がパンパンになる
  • 二日酔いになりやすい

 

⇒ このような体質・症状には、「五苓散料(ごれいさんりょう)」という漢方薬が適しています。

 

  • 慢性的な冷え性
  • 生理不順
  • 貧血気味
  • やせ型で虚弱体質

 

⇒ このような体質・症状には、「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」という漢方薬が適しています。

 

この部位のむくみに効果的な漢方薬はどれ?

また、むくんでいる部位によって、飲むべき漢方薬も違います。

ご自身の体質と、実際にむくんでいる部位をかけあわせて、漢方薬を選ぶといいでしょう。

 

まぶたや顔の輪郭がむくむ

⇒ 五苓散料が適しています。

 

ひざから下がむくむ(靴がきつくなる・ふくらはぎがパンパンなど)

⇒ 防風通聖散、防己黄耆湯、当帰芍薬散が適しています。

 

腹部

腹部全体がむくむ(満腹感・膨張感)

⇒ 防風通聖散、防己黄耆湯が適しています。

 

背中

肩から下がむくむ

⇒ 防風通聖散、防己黄耆湯が適しています。

 

手、指がむくむ(指輪がきつくなるなど)

⇒ 五苓散料、当帰芍薬散が適しています。

 

全身

一度に全身のあちこちがむくむ

⇒心臓や腎臓などの内臓疾患が疑われます。

自己判断せず、すぐに医療機関を受診されることをおすすめします。

 

では次に、むくみに効く上記4つの漢方薬について、それぞれ詳しくご紹介していきます。

 

むくみに効く漢方薬4選

 

「防風通聖散」について詳しく知ろう

むくみに効く漢方薬としてまずあげられるものに、「防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)」があります。

「防風通聖散」は、肥満症の方の体質改善を目的として処方される漢方薬です。

 

  • 便秘がち
  • 太り気味
  • お腹周りが気になる
  • 運動不足

 

な人のむくみに適しています。

 

体の熱を冷まし、病因を発散させ、体の水分循環を改善させていくため、むくみだけでなく、便秘や高血圧にともなう肩こりやのぼせにも効果があります。

 

防風通聖散に使われている生薬

防風通聖散に配合されている生薬は18種類あります。

それぞれの成分と効能を見ていきましょう。

 

生薬 効果・効能
 防風(ぼうふう)  かぜ・皮膚疾患・関節痛・神経痛・頭痛
 黄芩(おうごん)  炎症・熱性疾患・下痢・腹痛・黄疸
 大黄(だいおう)  便秘・熱性疾患・だぼく・月経異常
 芒硝(ぼうしょう)  便秘
 麻黄(まおう)  発熱・頭痛・せき・ぜんそく
 石膏(せっこう)  高熱・口のかわき・炎症のあるむくみ、かゆみ
 白朮(びゃくじゅつ)  水分の代謝異常・消化器系の機能障害
 荊芥(けいがい)  かぜ・発熱・のどの痛み、腫れ
 連翹(れんぎょう)  熱性疾患・化膿性の皮膚病
 桔梗(ききょう)  せき・たん・のどの痛み
 山梔子(さんしし)  熱症状・のぼせ・イライラ・不眠
 芍薬(しゃくやく)  血の不足状態・腹痛・筋肉痛・けいれん
 当帰(とうき)  貧血・月経不順・月経痛・腹痛
 川芎(せんきゅう)  貧血・月経不順・月経痛・冷え性・頭痛・筋肉痛
 薄荷(はっか)  かぜ・頭痛・のどの痛み・皮膚のかゆみ
 滑石(かっせき)  排尿障害・むくみ・口のかわき・下痢
 生姜(しょうきょう)  かぜ・吐き気・食欲不振
 甘草(かんぞう)  腹痛・下痢・どうき・はれもの

 

市販で買える防風通聖散にはどんなものがある?

 

ドラッグストアに並ぶ防風痛聖散

 

ロート「和漢箋(わかんせん)新・ロート防風通聖散錠」

エキス抽出や製剤方法など、独自の手法で作られている防風通聖散です。

特に「麻黄(まおう)」という生薬の働きに注目している点が特徴です。

 

新・ロート防風通聖散は生薬(有効成分)の配合量によって、

 

  • 新・ロート防風通聖散錠満量
  • 新・ロート防風通聖散錠Z
  • 新・ロート防風通聖散錠T

 

の3種類があります。

 

新・ロート防風通聖散錠満量 新・ロート防風通聖散錠Z 新・ロート防風通聖散錠T
5,000mg(満量処方) 3,750mg 3,333mg

 

有効成分量が多い方が効き目が強いですが、その分副作用などの可能性も高くなる一面もあります。

強い薬のほうが一概にいいというわけではなく、ご自身の体格や体質、生薬との相性を見極めながら選択することが重要です。

 

新・ロート防風通聖散錠はどのタイプも錠剤です。

下記表の通りの錠数・回数で、食前または食間に水またはお湯で服用します。

 

新・ロート防風通聖散錠満量 新・ロート防風通聖散錠Z 新・ロート防風通聖散錠T
1日3回 1日3回 1日2回
1回4錠 1回3錠 1回4錠

 

 小林製薬「ナイシトール」

小林製薬「ナイシトール」はCMでご存知という方も多いかもしれませんね。

ナイシトールは生薬(有効成分)の配合量によって、

 

  • ナイシトールZ
  • ナイシトールG
  • ナイシトール85a

 

の3種類があります。

 

ナイシトールZ ナイシトールG ナイシトール85a
5,000mg(満量処方) 3,100mg 2,500mg

 

満量処方のナイシトールZが最も強い効果が期待できますが、体質や体格にあったものを選ぶことが重要です。

 

ナイシトールも、どのタイプも錠剤です。

下記表の通りの錠数・回数で、食前または食間に水またはお湯で服用します。

 

ナイシトールZ ナイシトールG ナイシトール85a
1日3回 1日3回 1日2回
1回5錠 1回4錠 1回5錠

 

クラシエ「コッコアポEX錠」

コッコアポは主に女性に向けた「肥満や便秘に悩む人の漢方薬」として販売されているお薬です(男性が服用しても構いません)。

その中で、「赤のコッコアポ」と呼ばれている「コッコアポEX錠」は、錠剤タイプの防風通聖散です。

 

1回4錠を、1日3回、食前または食間に水またはお湯で服用します。

 

ツムラ「漢方防風通聖散エキス顆粒」

顆粒状、分包タイプの防風通聖散です。

1回ずつ飲めて携帯しやすく、顆粒なので早く吸収されます。

1包を1日2回食前に、水またはお湯で服用します。

 

ネット販売の、生漢煎【防風通聖散】も人気!

 

生漢煎 防風通聖散

 

生漢煎【防風通聖散】(しょうかんせん・ぼうふうつうしょうさん)は、有効成分を最大に配合している「満量処方」の漢方薬にも関わらず、広告費などを抑えることによって低価格を実現している防風通聖散です。

CMなどにお金を投じている市販の防風通聖散に比べ、生漢煎【防風通聖散】はコスパNo.1!と、防風通聖散ユーザーの間で人気です。

防風通聖散は体質を改善していくためにある程度の期間飲み続けていくものですので、続けられる金額であることも重要ですよね。

 

関連記事
話題の防風通聖散・生漢煎 について詳しくはこちら!

 


 

どの防風通聖散も、効果が出る目安は1ヶ月です。

もし1ヶ月服用し続けてもむくみの改善がみられなければ、一旦服用を中止し、医師・薬剤師に相談しましょう。

 

防風通聖散の副作用について

漢方薬には副作用がない、と思っている方も多いようですが、どんな薬にも副作用が出る可能性があります。

防風通聖散を服用し、下記症状が出た場合は、ただちに服用を中止し、医師・薬剤師に相談してください。

 

皮膚 発疹・発赤、かゆみ
消化器 吐き気・嘔吐、食欲不振、胃の不快感、お腹の膨張感、激しい腹痛を伴う下痢、腹痛
神経系 めまい
その他 発汗、動悸、頭痛

 

その他、まれに重篤な副作用を発症するケースもありますので、服用前に漢方薬の外箱や添付文書をご確認ください。

 

「防己黄耆湯」について詳しく知ろう

 

コッコアポL(防己黄耆湯)

 

「防己黄耆湯(ぼういおうぎとう)」は、余分な水分を取り除いて全身の機能を高める漢方薬です。

 

  • 胃腸が弱く軟便・下痢気味
  • 夕方になると靴がきつくなる
  • 普段から汗をかきやすく、疲れやすい肥満気味

 

な方に適しています。

 

防己黄耆湯に使われている生薬

防己黄耆湯に配合されている生薬は6種類あります。

ブランドによっては、蒼朮(そうじゅつ)ではなく白朮(びゃくじゅつ)が使われているものもあります。

それぞれの成分と効能を見ていきましょう。

 

生薬 効果・効能
 黄耆(おうぎ)  胃腸系を強めて体全体を強くする
 防己(ぼうい)  むくみ・関節水腫・関節痛・はれもの
 蒼朮(そうじゅつ)  水分の代謝異常・消化器系の機能障害
 大棗(たいそう)  食欲不振・下痢・不安感・興奮
 生姜(しょうきょう)  かぜ・吐き気・食欲不振
 甘草(かんぞう)  腹痛・下痢・どうき・はれもの

 

市販で買える防己黄耆湯にはどんなものがある?

ツムラ「漢方防己黄耆湯エキス顆粒」

顆粒状の分包タイプなので1回ずつ飲めて携帯しやすく、顆粒なので早く吸収されます。
1包を1日2回食前に水またはお湯で服用します。

 

クラシエ「防己黄耆湯エキス錠」

関節痛や、足がむくんで夕方にはパンパンという人に適しています。
錠剤タイプの防己黄耆湯です。
1回4錠を1日3回、食前または食間に水またはお湯で服用します。

 

クラシエ「コッコアポL錠」

オレンジのコッコアポでおなじみの「コッコアポL錠」は、防已黄耆湯のことです。

15歳以上1回4錠を1日3回、食前又は食間に水又は白湯にて服用します。

5日分のお試しサイズのパウチタイプが販売されているので、トライしやすいですね。

 

関連記事
コッコアポ について詳しくはこちらの記事をチェック!

 

北日本製薬「防己黄耆湯エキス錠 東亜」

錠剤タイプの防己黄耆湯です。

1回4錠を1日3回、食前または食間に水またはお湯で服用します。

 

ロート製薬「和漢箋(わかんせん)ラクリア 防己黄耆湯」

立ち仕事が続いたり、冷え性などの血行不良、だるさや痛みを感じるむくみに。

錠剤タイプの防己黄耆湯です。

1回4錠を1日3回、食前または食間に水またはお湯で服用します。

 

太田胃酸「ロコフィットGL」

肥満が原因でひざや関節がはれたり痛んだりしたときに適した防己黄耆湯です。

水分代謝もうながします。

錠剤タイプで、1回4錠を1日3回、食前または食間に水またはお湯で服用します。

 

松浦漢方「防己黄耆湯エキス細粒」

細粒状の分包タイプなので1回ずつ飲め、顆粒なのでよく溶け、早く体内に吸収されます。
1包を1日3回、食前に、水またはお湯で服用します。

 

一元製薬「一元 防己黄耆湯」

むくみだけでなく、関節炎や関節リウマチにも効果があります。

錠剤タイプで、1回6錠、1日3回食前1時間にお湯で服用することが推奨されています。

 

ジェーピーエス製薬「JPS 防己黄耆湯」

体力がなく疲れやすく、汗をよくかくタイプの方のむくみに適しています。

錠剤タイプで1回4錠を1日3回、食前または食間に水またはお湯で服用します。

 


 

どの防己黄耆湯も、効果が出る目安は1ヶ月です。

もし1ヶ月服用し続けてもむくみの改善がみられなければ、一旦服用を中止し、医師・薬剤師に相談しましょう。

 

防己黄耆湯の副作用について

防己黄耆湯も副作用も出る場合があります。

その時はすぐに服用を中止し、医師・薬剤師に相談してください。

 

皮膚 発疹・発赤、かゆみ
消化器 食欲不振、胃の不快感

 

その他、まれに重篤な副作用を発症するケースもありますので、服用前に漢方薬の外箱や添付文書をご確認ください。

 

「五苓散」について詳しく知ろう

 

五苓散

 

「五苓散(ごれいさん)」は、二日酔いや一時的なむくみに効く漢方薬です。

 

  • 喉がよくかわく
  • トイレの回数や尿の量が少ない
  • お酒を飲んだ次の日に顔がパンパンになる
  • 二日酔いになりやすい

 

方に適しています。

 

また、それらに伴うめまいや吐き気、おう吐、腹痛、頭痛にも効果があります。

 

五苓散に使われている生薬

五苓散に配合されている生薬は5種類あります。

ブランドによっては、蒼朮(そうじゅつ)ではなく白朮(びゃくじゅつ)が使われているものもあります。

それぞれの成分と効能を見ていきましょう。

 

生薬 効果・効能
 沢瀉(たくしゃ)  むくみ・めまい・膀胱炎・排尿障害
 蒼朮(そうじゅつ)  水分の代謝異常・消化器系の機能障害
 猪苓(ちょれい)  むくみ・排尿障害・下痢
 茯苓(ぶくりょう)  むくみ・食欲不振・消化不良・動悸・不眠
 桂皮(けいひ)  手足の冷え・腹痛・下痢・のぼせ

 

市販で買える五苓散にはどんなものがある?

ツムラ「漢方五苓散料エキス顆粒」

顆粒状の分包タイプで1回ずつ飲め早く吸収されます。

一次的なむくみに効果的。

1包を1日2回食前に水またはお湯で服用します。

 

クラシエ「五苓散料エキス顆粒」

のどがよくかわいて、水分をとるのに尿の量が少ないときのむくみや、その時の頭痛に。

1包を1日3回、食前または食間に水または白湯で服用します。

 

宇津救命丸「五苓散」

生薬のエキスを乾燥させ、吸収しやすい顆粒にしました。

のどのかわきや二日酔い、水様性の下痢に。

1包を1日3回、食前または食間に水またはお湯で服用します。

 

小林製薬「アルピタン6包」

むくみだけでなく、お酒の飲みすぎによる二日酔いや頭痛にも効きます。

1包を1日3回、食前または食間に水またはお湯で服用します。

 

大正製薬「大正漢方胃腸薬 内服薬30ml」

お酒の飲み過ぎや二日酔いのむかつきに即効性のある漢方薬です。

1回1瓶を1日3回、食前または食間に服用。

効果の目安は最も早く2~3日が目安です。

 

松浦漢方「五苓散エキス細粒48包」

細粒状の分包タイプでよく溶け早く吸収されます。

すいしゃ性下痢やむくみ、二日酔いに適しています。

1包を1日3回、食前に水またはお湯で服用します。

 

ジェーピーエス製薬「JPS 五苓散エキス錠」

のどがかわいて尿の量が少ない、二日酔いにともなう頭痛や吐き気のあるむくみに適しています。

錠剤タイプで、1回3錠を1日3回、食前または食間に水またはお湯で服用します。

 


 

効果が出る目安は、大正製薬「大正漢方胃腸薬 内服薬」は2~3日。

それ以外の五苓散は、5~6日です。

もし1周間程度服用し続けてもむくみの改善がみられなければ、一旦服用を中止し、医師・薬剤師に相談しましょう。

 

五苓散の副作用について

五苓散も副作用も出る場合があります。

その時はすぐに服用を中止し、医師・薬剤師に相談してください。

 

皮膚 発疹・発赤、かゆみ

 

「当帰芍薬散」について詳しく知ろう

 

当帰芍薬散

 

「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」は、

 

  • 虚弱体質
  • 冷え症や貧血の傾向がある
  • 疲れやすくて立ちくらみやめまいが多い
  • 血行不良が原因でむくみや不調になる
  • 慢性的な生理不順

 

の方に適した漢方薬です。

また、それらに伴う吐き気やおう吐、腹痛や頭痛にも効果があります。

 

当帰芍薬散に使われている生薬は?

当帰芍薬散に配合されている生薬は6種類あります。

ブランドによっては、蒼朮(そうじゅつ)ではなく白朮(びゃくじゅつ)が使われているものもあります。

それぞれの成分と効能を見ていきましょう。

 

生薬 効果・効能
 芍薬(しゃくやく)  血の不足状態・腹痛・筋肉痛・けいれん
 蒼朮(そうじゅつ)  水分の代謝異常・消化器系の機能障害
 沢瀉(たくしゃ)  むくみ・めまい・膀胱炎・排尿障害
 茯苓(ぶくりょう)  むくみ・食欲不振・消化不良・動悸・不眠
 川芎(せんきゅう)  貧血・月経不順・月経痛・冷え性・頭痛・筋肉痛
 当帰(とうき)  貧血・月経不順・月経痛・腹痛

 

市販で買える当帰芍薬散にはどんなものがある?

ツムラ「当帰芍薬散料エキス顆粒」

顆粒状の分包タイプで1回ずつ飲め早く吸収されます。冷え症で貧血ぎみの方に効果的。

1包を1日2回、食前に水またはお湯で服用します。

 

クラシエ「漢方セラピー 当帰芍薬散」

クラシエの人気シリーズ「漢方セラピー」の当帰芍薬散は、顆粒と錠剤の2パターンが用意されています。

顆粒タイプは1回1包を1日3回、食前または食間に水または白湯にて服用。

錠剤タイプは1回4錠を1日3回、食前又は食間に水又は白湯にて服用します。

顆粒と錠剤、得意なほうを選べるのがうれしいですね。

 

クラシエ「当帰芍薬散」(青の当帰芍薬散)

クラシエの人気シリーズ「コッコアポ」の青色は、“青の当帰芍薬散”として親しまれています。

体力がなく疲れやすくて冷え症で、貧血や生理不順、めまいなどをともなうむくみに効果的です。

1回4錠を1日3回、食前または食間に水または白湯で服用します。

 

関連記事
コッコアポ について詳しくはこちらの記事をチェック!

 

伸和製薬「シンワの漢方薬 当帰芍薬散」

月経不順・月経異常・生理痛などの血行障害や、産前産後の疲労倦怠、むくみに効果があります。

1回3錠を1日3回、食前または食間に水または白湯で服用します。

 

松浦漢方「当帰芍薬散エキス細粒48包」

血行不良による女性特有の不調に適した当帰芍薬散です。

細粒状の分包タイプでよく溶け早く吸収されます。

1包を1日3回、食前に水またはお湯で服用します。

 

ジェーピーエス製薬「JPS 当帰芍薬散エキス錠」

体力虚弱で、冷え症や貧血、月経異常などの血行不良をともなったむくみに適しています。

錠剤タイプの当帰芍薬散です。

1回4錠を1日3回、食前または食間に水またはお湯で服用します。

 


 

どの当帰芍薬散も、効果が出る目安は1ヶ月です。

もし1ヶ月服用し続けてもむくみの改善がみられなければ、一旦服用を中止し、医師・薬剤師に相談しましょう。

 

当帰芍薬散の副作用について

当帰芍薬散も副作用も出る場合があります。

その時はすぐに服用を中止し、医師・薬剤師に相談してください。

 

皮膚 発疹・発赤、かゆみ
消化器 食欲不振、胃の不快感

 

病院でむくみに効く漢方を処方してもらうには

市販の漢方薬で思ったような効果が出なかった場合、漢方薬を処方してくれる医療機関を利用するといいでしょう。

漢方薬はどこでも扱っているわけではありませんので、事前に問い合わせてから病院を訪ねてください。

そのときに、問診で体質や症状などを判断していきますので、来院する前にどのような不調があるか書き出しておくといいですね。

 

むくみで漢方を飲んだ人の口コミは?

 

白湯で漢方薬を飲む

 

むくみを解消するために漢方薬を服用した人は、実際に効果があったのかどうか、気になりますよね。

そこで、漢方薬別に、よかったという口コミと合わなかったという口コミを紹介しますので、参考にしてみてください。

 

防風通聖散の口コミ

「むくみにぴったり!漢方なので効き目が穏やかでした。」

(20代女性・生漢煎【防風通聖散】)

 

「18種類の生薬がむくみ・肥満・便通などに働きかけてくれる漢方です。

便秘・むくみの効果はすぐにわかりました。

肥満に対してはまだ実感できていませんが、期待して継続したいと思います!」

(30代女性・生漢煎【防風通聖散】)

 

「私の場合は、1日2回4錠ずつだとお腹がゆるくなりすぎてしまいました。

最初は2錠ずつなど様子を見て服用することをおすすめします。」

(20代女性・ロート製薬 和漢箋)

 

防己黄耆湯の口コミ

「1か月前といちばん変わったのは、むくみにくくなったことです。

朝は顔、夕方は脚がパンパンにむくんでいたけど、気づいたら改善していました。」

(20代女性・コッコアポL錠)

 

「飲み始めて1カ月。

下半身が浮腫みにくくなり、確実にトイレの回数が増えました。

体にあっているようなのでもう少し続けようと思います。」

(40代女性・和漢箋 ロート防已黄耆湯錠)

 

「1ヶ月試してみましたが体の変化は何もありませんでした。

私には、効き目無しでした。」

(20代女性・和漢箋 ロート防已黄耆湯錠)

 

五苓散の口コミ

「以前は夜遅くに水分をとってしまうと翌日なかなかスッキリしなかったのですが、

今は早くに回復しますので、体質的にむくみづらくなったかな?と感じます。」

(年代不明女性・製品名不明)

 

「むくみがひどく、五苓散を飲んだところ、便秘になりました。」

(年代不明女性・製品名不明)

 

当帰芍薬散の口コミ

「半年ほど続けています。

飲み始めて、しばらくは何にも変わりませんでしたが、2、3か月経った頃から、明らかに体調が楽になりました。

本当に出会ってよかったと思っています。」

(30代女性・ツムラ当帰芍薬散)

 

「一番効果があったのはむくみで、顔や指、足の浮腫みが楽になりました。

浮腫んでいると体が重くて何もする気がなくなるので、精神面にも良い影響があります。」

(40代女性・クラシエ当帰芍薬散錠)

 

「しばらく服用を続けていましたが、2か月が過ぎたころ、急に体中が痒くなりました。

もしかして副作用なのでは?と夫から指摘され、試しに服用をやめてみたらおさまりました。

病院で相談したら、漢方自体が合わないのでしょう、と言われました。

効果を感じる前に中止になり残念です。」

(40代女性・ツムラ当帰芍薬散)

 

「3日分飲んだだけで、冷えやむくみには効かず、生理が前倒しで来てしまいました。」

(40代女性・クラシエ当帰芍薬散錠)

 

口コミをまとめると、やはり体質によって合う人合わない人がいるようですね。

むくみが改善したと話す人は、適度に運動をしたり、食事にも気をつかったことで効果を得られたようです。

 

むくみの解消に良い食事は?

 

食事

 

食事を気を配れば、漢方薬の効果がさらに高まり、むくみも早く改善されていきます。

むくみに悩んでいる方に積極的に食べて欲しい食材は、

 

  • きゅうりやスイカ
  • 豆腐製品、緑豆もやし、トウモロコシなどを含む豆類
  • わかめやもずくなどの海藻類

 

などの、カリウムが多く含まれている食材です。

他にも、

 

  • 豚肉などのタンパク質
  • バナナなどのミネラル

 

も効果的です。

 

妊娠初期や妊婦のむくみについて

 

妊婦さんのお腹

 

妊娠中のむくみも深刻なお悩みだと思います。

胎児への影響から、市販の薬も飲めませんし、つらいですよね。

 

妊娠するとなぜむくむの?

妊娠中は、赤ちゃんを成長させるために、体内の血液量が増えていきます。

赤ちゃんの成長とともに量が増え続け、妊娠後期にピークを迎えます。

赤ちゃんが大きくなると下半身の血管を圧迫してしまうので、下半身の血流が悪くなり、むくみが起こります。

悪化すると、足だけでなく、手や顔にもむくみがおよびます。

動くのがおっくうになると、トイレも行くのがめんどうなり、水分をとらなくなると、脱水症状におちいるので、大変危険です。

運動不足や水分不足だけでなく、塩分をとりすぎたり、冷えたり、長時間同じ姿勢でいることでも悪化します。

 

妊娠中のむくみの解消法は?

むくみで体重が増えてしまうこともあるので、できるだけ水分を多くとって、どんどん排出することが大切です。

ノンカフェインのお茶がいいので、麦茶や番茶などを作っておくといいですね。

冷えると循環が悪くなるので、ホットか常温で飲むようにしましょう。

 

それと適度な運動、特にいいのがウォーキングなので、体が重くて大変でしょうが、がんばって動くようにしてください。

漢方薬については、市販されている商品は、注意書に妊娠中の服用は避けるようにという記述があります。

どうしても服用してむくみを抑えたい場合は、通院している産婦人科の担当医に相談してみてください。

 

まとめ

以上、むくみに効く漢方薬をいろいろご紹介してきました。

「むくみ」とひとことで言っても、体質や症状、その原因は千差万別です。

漢方薬はただ服用するだけでなく、水分を多くとったり、運動をしたり、利尿効果のある食べ物をたくさん食べることでも改善できます。

つらいむくみを早く取り除けるよう、上手に組み合わせていきましょう。